人世の楽しみ 第2回目の第3席にはいった。 嬉しいです。


芥川賞について 初めて第3席に入った。 嬉しい。




随筆部門第3席には言った。




架け橋の同人になり、初めて随筆を提出できなかった。理由は通信教育の勉強に追われていたためです。

 









































日本詩句家協会で「奨励賞」を頂いた。








今号から私の撮った写真が表紙に使われることになった。



平成26年 冬季号 第10号 架け橋



平成25年10月1日 発行 NO9 季刊 架け橋  



平成25年 夏季号 NO8 架け橋

 


平成25年 春季号  第七号  2013年

宅地建物取引業界の各区の責任者の会合。


平成25年 冬季号 第六号

葛飾区水元公園でオカリナ演奏が森の中で響いていた。

平成24年8月 第五号 架け橋

平成24年8月 第五号 2012年

青梅梅園に毎年行くのが楽しみだったが、梅の病気で休園になっております。

 

第4号から特集が始まり第1回の題が「忘れられない光景」だった。



平成24年2月 第4号 2012年

作曲の海老沼氏から堀切菖蒲園の歌の詩を現代風に直してくださいと言われ、友人に相談すると新たな詩を書こうと言われ、この歌が生まれた。

 



架け橋 平成23年8月  第3号    2011年

これでいいのかドキドキしながら主宰に原稿を送った。

 


平成23年2月号

架け橋の同人になり、初めて掲載された。感激した。

架け橋 第2号 平成23年2月

私は会員になり初めて掲載された。苦労して書いたエッセーが本に載り感激した。

平成22年8月 架け橋 創刊号

私はまだ架け橋の同人にはなっていなかった。