池田大作 平和への対話 潮出版社

14p 1928年(昭和3年)1月2日、江戸時代から続くのり製造業の家に男7人女1人の8人兄弟の5男として生まれた。

2020/09/17 10:14


牧口常三郎 創価教育の源流 潮出版社

15p 長七は小樽警察給仕の職に就いた。 

    なにより夕方定時に仕事が終わることが、長七には嬉しいことだった。夜、時間を気にせず自由に学ぶことが出来たからだ。

2020/09/17 10:02


戸田城聖 偉大なる師弟の道  潮出版社

11P 囲炉裏端で、父が幼いころから聞かせてくれた古今東西の英雄譚が、読書の扉を開いたのだった。

23P 戸田に補習教育の塾をやるようにすすめたのは牧口だった。 戸田は、生命保険の外交のかたわら塾経営を始めることになった。

24p 大正13年、目黒駅近くの空き地を借りて、木造の新校舎を建てた。時習学館である。

25p 大正13年に長女を結核で亡くすのだ。1歳だった。大正15年には妻のツタも結核で死ぬ。

2020/09/17 9:58