SGI会長の素晴らしき出会い2001.7.8 21世紀を見つめた〃明治38歳〃福田赳夫元総理

福田先生は「世界の主なところは、全部、池田先生が文化交流をされている。特に一番〃難物〃のソ連と中国、この二つに真正面から取り組んでいただいていることで、日本は本当に助かっているんです。他の政治家は気がついていないようですがね。中国の国交回復は、池田先生のおかげで出来ました。先生の民間外交なくしては出来なかったでしょう。中国ではよく知られているこの事実が日本人には見えていない。残念な日本です」総理退陣の半年後、福田氏と、お会いした。

 昭和54年(1979年)6月3日である。その1ヶ月ほど前、私は会長を勇退していた。勇退の際

、福田氏からは人づてに「これからは、いよいよ世界の優秀な学者や指導者に会って行かれるでしょうね」という励ましをいただいた。

2020/03/07 18:57


池田SGI会長の素晴らしき出会い   2001.5.13

有吉さんは「実は、周総理から伝言を預かってまいりました。『将来、池田会長にぜひ中国においでいただきたい。ご招待申し上げます』と伝えてください」

重大なメッセージである。

有吉さんと会った二年後の68年に学生部の総会で「日中国交正常化提言」を行った。

周総理と会見が実現したのは、昭和49年(1974)の年末である。有吉さんの伝言から8年がたっていた。


名誉会長 希望の語らい 2011.9.3

 友情というのは自分で決まるのです。相手じゃない。自分がどうかです。結局「いい友人をつくるには、自分が良い友人になる」以外にない。いい人の周りには、いい人が集まるものです。2015。9.9

2020/03/02 10:07


世界の知性と「後世のために」2001.3.20

 世界中の知性と、教育、哲学、文学、また文明論、未来学、人権、環境、宇宙論そして、生命論等等縦横に語り合う予定です。私は真剣です。これからさらに「世界の知性との対話を残していく決心です。『後世に何を残すか』これが、私勝負であり、仕事なのです」2014.11.11

2020/02/22 20:13


道に進もうと決めていたと述懐 10.3.10

こういう友情を、私は世界の多くの人々と結んできた。それが私の人生の誇りです。

       創立者の祝辞  この世にて師弟に優るものはなし   2001.3.17

2020/02/02 21:38

世界の知性と「後世のために」2001.3.20

世界の知性と、教育、哲学、文学、また文明論、未来学、哲学、人権、環境、宇宙論、そして、生命論など等々縦横に語り合う予定です。私は真剣です。これからさらに「世界の知性との対話を残していく決心です、後世に何を残すかーこれが。私の勝負であり、仕事なのです」令和元年5月6日 2019/05/06 20:51


程大使は55才、新中国から日本へ国費留学生の一y個性として創価大学に学んだ。大使は外交官を志した原点にrついて、創価大学に留学した時点で、将来外交の道に進もうと決めていたと述懐。10.3.10


私は世界中の指導者や識者とも会い、平和と文化の語らいを重ねてきた。あの国でも、この国でも、一級の知性と友情を結び、信頼と共感を勝ち取ってきた。

2010.3.9 世界平和へ代表者研修会           2017/09/16 17:43


私が、文明を結ぼうと、世界の指導者・識者と重ねてきた対話は千六百回を超え、37の対談集に結実した。今後、発刊予定を含めると、50を超えることになる。このこともあわせて報告させていただきたい。

2005.10.13本部幹部会  2017.7.1


核武装 戸田2代会長生誕110周年記念提言 上

現代史をひもとくと、これまで何度も核兵器の使用が検討された事態があったことがわかります。なかでも最も深刻で切迫したのが米ソが核戦争の瀬戸際に立たされた。62年の10月のキューバ危機でした。核兵器を使用することの意味や結果を知っているのは日本だけです。こうした証言を通し、胸に迫ってくるのは自分たちが受けた苦しみを、これ以上、誰にも体験させたくない。との、やむにやまれぬ思いです。その日本が、核武装を検討したり、非核三原則を見直すようなことは道義的に許されないはずです。09.9.8    2017.5.23


私が対話を重ねた七千人に及ぶ識者、指導者の中には、多くの文化の闘士、芸術の王者、言論の獅子がおられた。我らの勝利の大道10.1.21   2017.5.21


程大使は55歳。新中国から日本へ国費留学生の1期生として、創価大学に学んだ。大使は外交官を志した原点について創価大学に留学していた時点で、将来、外交の道に進もうと決めていたと述懐。

 名誉会長中国の程大使と会見 2010.3.10

2015.10.6


これまで会った世界の指導者、識者は7000人を超える。一対一の対話を積み重ねて、新しき人間主義の潮流をつくりあげてきたのである。 09.9.30

2015.9.9


私は、牧口・戸田先生の弟子として、全世界の指導者、識者と対話を積み重ねてきた。その数は7000人を超えるようだ。  人間世紀の光 対話こそ我が人生  09.6.28

2015.3.12